京都市上京区

実績豊富の不用品回収GETにお任せください!!
即日対応
京都市上京区の不用品回収GETでは、即日応対、年中無休の運営体制により、迅速な回収サービスを行っております。お忙しい方の為にも、日中・夜間問わず、日時指定が可能ですので是非ご検討下さい! 夜間回収に関しての「騒音トラブルになるのでは?」といった不安に関しても、迅速丁寧に作業を進めますので、ご安心下さい!
無料見積
京都市上京区の不用品回収GETでは、無料見積はもちろんの事、他店見積り対抗中ですので、「他の回収業者の方が費用が安かった」などといった場合、ご依頼主様の立場になり、積極的に対応致しますので、その際はご遠慮なくお申し付け下さい!上京区で不用品なら最安で回収します。
高価買取
「車輌など買取の対象になるのなら、換金できないかな?」そんな不安も随時ご相談下さい!京都市上京区の不用品回収GETでは、高価買取はもちろんの事、正式お見積りを出した処分費用を、買取額との相殺が可能です!また、買取額のほうがお見積り額を上回るような場合、差額分を現金でお支払い致しますので、お手元の粗大ゴミのお悩みを低コストで早急に解決致します!
少量対応
「荷物が重くて運べない」「不用品が大量にあるけど、費用を最小限に抑えたい・・」こんなお悩みの方は必見! 京都市上京区の不用品回収GETでは、荷物の大小、また量に問わず、ダ ンボール1箱からトラック1台まで、最新の車両を導入しておりますので、どの様な不用品であろうともお悩み無用! まずは一度、年中無休の不用品回収GETに是非ご相談下さい!

上京区の不用品回収はお任せください!

上京区 君和田様

上京区 君和田様

ホームページの内容が充実していて、安心感があったから。事前の見積もりが明瞭だったので。とても親切で安心でした。作業が早くてあっという間でした。ビックリ!!ありがとうございます!

他のお客様の声も見る

不用品回収のお悩みを早急に解決!

  • 上京区で対応している回収業者を探している
  • 電化製品が多く処分が高額になりそうで心配
  • 上京区で一般ゴミで処分できず困っている
  • 車輌や電化製品などが買取対象か知りたい
  • 仏具等を捨てるにあたって丁重に供養をしたい
  • 不要品をただ捨てるのではなく整理整頓したい
  • 大量の不要品で処分費用の相談にのってほしい
  • 大きな不要品が解体できず居室から出せない
  • とりあえず費用の概算をおおよそでも知りたい
  • 上京区の役所で相談したが解決しなかった

即日回収対応OK

1.ご連絡
年中無休の弊社不用品回収GETでは、即日回収も承っておりますので、お電話、もしくはメールにて随時対応致しております! TEL:0120-926-114
2.無料見積
「こんな不要品は買取してくれるのかな?」という不安をお持ちの方は、まずは一度写メールをお送り下さい。大よその概算をだした後、折り返しのご連絡を致します。不用品の回収がほぼ確定している場合には、フリーダイアルにて電話後、ご都合の良いお時間帯に上京区担当スタッフがお伺いし、約10分程度の審査の後、正式なお見積りをその場でご依頼主様に提出致します。お見積後に「搬送手数料」などといった理不尽な追加料金は一切ございませんのでご安心下さい。
3.回収実施
ご依頼主様にご指定頂いた日時に不用品回収GETの上京区担当スタッフがお伺いし、迅速な回収作業を行います。 粗大ごみや不用品について、特別な事前処置、清掃、整理、分別などは特に必要ありませんので、そのままでお待ち頂ければ大丈夫です! 処分品については、ご依頼主様とスタッフの双方が確認した後に確実に回収作業を行い、作業完了後にご精算をお願いしております。

お問い合わせはこちらから

京都市上京区の不用品回収を担当するスタッフより

京都市上京区を担当する営業所が誇るプロ集団。

京都市上京区を担当する営業所では、元引越し現場や建築業出身のスタッフが多数在籍しておりますので、安心、安全に回収作業をするプロ集団です! 大量の粗大ごみや、「とにかく部屋をキレイにしたい」といった理由からのご依頼からでも受け付けておりますので、「単に捨てるだけではなく、家の整理整頓を進めたい!」等といった理由からの回収のご依頼でも随時受け付けておりますので、お気軽にフリーダイアル、もしくはメールフォームからのご相談をお待ちしております。

京都市上京区の歴史・データ

京都市制以前の明治12年(1879年)、京都府に「上京区」「下京区」が設置された。 明治21年(1888年)には愛宕郡(おたぎぐん)の一部の村を編入。 明治22年(1889年)、京都市制施行とともに京都市上京区となる。 大正7年(1918年)には愛宕郡及び葛野郡(かどのぐん)の一部の村を編入した。 昭和4年(1929年)、区の南部と東部の一部地域が分離され、新設の中京区、左京区、東山区に編入された。 昭和30年(1955年)に北区を分区して以来、現在の境域となる。 明治以降編入された愛宕郡及び葛野郡の旧村の区域は、現在は北区、左京区及び東山区に属している。 上京区の東には鴨川、西には天神川が流れ、それぞれ区境をなし、京都御所を含む京都御苑が広大な面積を占める。 区内には相国寺、北野天満宮、同志社大学キャンパス、京都府庁などがある。 上京区では、同一の町名が区内の別の場所に複数存在する例が下記の33組ある。 たとえば、「今出川町」という町は、京都御苑の北東、「今出川通烏丸西入る」にあるほか、 そこから数百メートル西に離れた「元誓願寺通浄福寺西入る」にも同じ名の町がある。 これらはいわゆる飛地ではなく、起源を異にする別個の町である。 この2つの「今出川町」には別個の郵便番号が設定されている