カメラを高く売る方法とは?高価買取のコツをご紹介!

カメラを高く売る方法とは?高価買取のコツをご紹介!

こんにちは♪
いつもご利用いただきありがとうございます!京都の不要品回収GETです!

使っていないカメラをお持ちではありませんか?「いつか買取ってもらおう」と自宅に眠らせていては、買取価格が下がってしまうかもしれません!カメラの高価買取ポイントを知って、できるだけ高く買取ってもらいましょう♪

■高値で売れるカメラの種類って?
カメラの種類はたくさんありますが、大きく分けると3種類になります。
プロが使用することの多い高画質な「デジタル一眼レフカメラ」、本格撮影ができる「ミラーレス一眼カメラ」、家庭用カメラである「コンパクトデジタルカメラ」です。中でも高値がつくのはもちろん、「デジタル一眼レフカメラ」!性能によっても幅がありますが、高いものでは中古でも数十万円~数万円の査定額になることもあります♪

■査定額の決め方を知って、高価買取を狙おう!

cameras-1950265_640.jpg
カメラの種類によって、買取価格は大きく異なります。では、それ以外ではカメラのどこで査定額が決められるのでしょうか。5つのポイントをご紹介します♪

・メーカー
デジタル一眼レフカメラは、メーカーによって買取価格に一定の価格差があります。特に、デジタル一眼レフの2大メーカーといわれるものは高値がつきやすい傾向にあります。

・性能
高価買取が期待できるデジタル一眼レフには、初心者が使用する「入門機」、セミプロからアマチュアまでが使用する「中級機」、プロが使用する「上級機」があります。上級機は入門機に比べて高性能なので、買取価格も高くなります。

・発売年代
デジタル一眼レフカメラは、1年~3年のスパンで新しい機種が発売されています。製造年が新しいほど高値がつくので、使っていないカメラは自宅に眠らせたままにせず早めに売ることをおすすめします!

・付属品の有無
カメラの充電池や充電器といった付属品は、買取に出す際に必ず持ち込みましょう!充電池がない場合は、カメラの電源を付けて動作を確認できないので、買取ってもらえないこともあります。充電器がない場合は、買取価格が下がってしまいます。箱や付属アクセサリーがあれば、買取価格がアップします♪

・保存状態
保存状態がよければよいほど、高値で買取ってもらえます。査定の担当者がチェックするポイントは、「動作に問題はないか」「撮影画像がメディアに記録されるか」「凹みや傷がないか」「グリップがベタベタしていないか」などです。買取に出す前は、カメラのホコリをはらったりレンズ汚れを拭き取ったりして、なるべくきれいな状態にしておきましょう♪

■少しでも高く買取ってもらうためにできること
少しの工夫で、買取価格アップを狙えるかもしれません♪

・使用後はホコリをはらってからしまう
普段からカメラを使ったあとは、専用のプロアーでホコリをはらっておきましょう。ズームインレンズは、特にホコリが入りやすいので注意が必要です!

・湿度の低い場所で保管する
湿気は、カメラやレンズの大敵になります。保管時には、密閉した容器に乾燥材を入れておいたり専用の保管庫を使うなどして、湿気対策をしましょう♪

・まとめて買取ってもらう
ボディはもちろん、レンズなども一緒に持ち込めば買取価格のアップにつながります。できるだけ、まとめて買取ってもらいましょう♪

■まとめ
カメラは、製造年が新しいほど高値で買取ってもらえます。「いつか売ろう」と思わずに早めに買取依頼することをおすすめします。京都の不要品回収GETでも、カメラの買取を行っています!保存状態がよかったり人気メーカーのカメラなら、想像以上の高価買取が期待できるかもしれません。使っていないカメラがあれば、京都の不要品回収GETに一度ご相談くださいね。

ご利用サービス

不要品回収GETのサービス一覧

  • 不要品回収
  • 高価買取
  • リフォーム・ハウスクリーニング
  • 引越し
  • 遺品整理
  • 不動産売却
  • 解体工事
  • 家具組立・移動