ぬいぐるみの回収をしました。

ぬいぐるみの回収をしました。

いつもありがとうございます。不用品回収GETでございます。


梅雨明けし、夏本番に突入でしょうか。
川に海に花火にお祭りと楽しいイベントがたくさんですね。
今年は浴衣を着ようかと幸せな悩みで頭がいっぱいです。


先日、家電や家具以外の品物で、ぬいぐるみの回収をいたしました。



ぬいぐるみ.jpg

出産祝いや子供のプレゼントやクリスマスプレゼントなど、小さいお子様がいらっしゃるご家庭につきものの、ぬいぐるみや人形。
子供の成長と共に、たくさんのぬいぐるみや人形が倉庫やタンスや棚の奥にしまい込まれているご家庭も多いのではないでしょうか?

ぬいぐるみや人形の処分にためらってしまうことってありますよね。
引越しの際に出てくる場合や、子供が大きくなり処分したいけれど生ごみとして出すのは・・・・
と捨て方に悩んでしまわれる方は少なくないと思います。

そのような方々に、ぬいぐるみや人形の捨て方や寄付やリサイクルを活用した処分方法の他、供養などについて考えてみたいと思います。


共働きのご家庭が増え、親代わりとまではいきませんが、寂しさをまぎらわしているかのようにぬいぐるみをきしめて一緒に眠ったり、
覚えたての言葉で一生懸命に話しかけ、お人形を相手におままごとをしていたりと、子供たちの成長を見守っていてくれたぬいぐるみや人形


子供が小さい間はいいのですが、成長と共に不要になってくることが多いのではないでしょうか?
ですが、いざ処分となると中々踏み切れないものです。

子供たちが小さい頃から側にいたぬいぐるみや人形だからこそ、魂が宿っているような気がして縁起が悪いなど、様々な思いがあることかと思います。
そのまま捨ててしまうと呪われてしまうのではないかと思ってしまいがちです。

ですが、全て通説に過ぎませんので、そのまま捨ててしまっても問題はないかと思います。
そうは言ったものの気になられる方も多いと思いますので、塩をかけてあげてから処分しましょう。

感謝の気持ちを持つことが一番大切です。
どのような捨て方でも『今までありがとう』と感謝をしてからお別れしたいですね。


どうしても気になられる方は、弊社では供養も承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。


まずは、処分する前に少し考えなしてみて下さい。

少子化とは言え、まだまだぬいぐるみや人形で遊びたい小さなお子様はたくさんいます。
また、海外では小さなお子様に特にぬいぐるみは人気があります。

弊社、不用品回収GETでは、自社独自のリサイクル・リユースを展開しており、まだまだ需要があります。


捨てるのではなく、不用品として回収させていただき海外へリユースしたり、新たな価値を見出し活かしています。

不用品回収の際、玩具やぬいぐるみなど小さいときに使っていたけれど倉庫で眠っている、
もしくは処分しようと思っている方など、是非弊社スタッフまで声をかけて下さい。

悩まれていらっしゃる方は、お気軽に不用品回収GETまでお問合せ下さい。
ご利用サービス

不要品回収GETのサービス一覧

  • 不要品回収
  • 高価買取
  • リフォーム・ハウスクリーニング
  • 引越し
  • 遺品整理
  • 不動産売却
  • 解体工事
  • 家具組立・移動